CACTUS TOKYO 創業者からのメッセージ


CACTUS TOKYOは、なぜ環境問題にフォーカスしたファッションブランドなのか。

始まりは、創業者の熊谷を中心とするメンバーが感じた小さな違和感でした。


登山をしていると見かける、自然の中にぽつりと落ちているプラスチックごみ。

年々、目に見えて減っていく地元の川辺の生き物たち。

学生時代のアルバイト先での、大量の食糧廃棄。


そういった一つ一つの出来事の積み重ねが、心の中で大きな違和感になっていった。

そしてその源をたどると、この大きな社会を支える「経済の仕組み」がそういった現象を引き起こしているということが理解できた。


十分豊かになったはずの国々が、更に物質的な経済成長を目指していく姿。

今、私たち人類は平均して「地球1.7個分の生活」をしていると言われています。


それはどういうことか。

現代の人類の生活をまかなうための「資源の生産」と「廃棄物の浄化」に必要な土地面積を計算すると、地球1個分では足りないということ。

未来の世代が生きるために必要な資源を、先取りして消費しているということです。


そこには、既存の社会の仕組みにがんじがらめになり、「変わりにくい」理由もある。

でも、「変えられない」わけではないはず。


思い描くのは、何気なく手に取った製品が持続可能なものやサービスで満ちているような世の中。


私たちは、サステナビリティを軸にしたブランド運営を通じて、地球と共に生きる未来のための新しい「あり方」を提案していきます。

 

今後とも、CACTUS TOKYOをよろしくお願いいたします。


熊谷