不要になった製品の回収をしております


私たちは、サーキュラーエコノミーの
実現を目指しています。
 
そのため、お客様に販売した製品が
不要になってしまった場合の回収を
行っております。
 
とはいっても実はまだ、
回収後にどのように利用するか
具体的には決めていません。
 
回収後の用途は、製品自体の再利用や
新たな素材へのリサイクルを
予定していますが、検討中です。
  
では、なぜ今から回収の活動を開始するのか?
資源が循環する社会を作るには、
まずは「モノを捨てない流れ」を構築する
必要があるからです。
 
それを作るのは、一つ一つの事業者の責任。
企業が責任をもって、販売したものを
回収していく仕組みを作っていく
必要があると考えています。
 
現在の日本のリサイクルの課題は
「回収フローが確立していないこと」です。
紙やペットボトルは、長年の努力で
回収率は80-90%の水準まで向上しています。
 
それは、既に「捨てない」仕組みが
出来上がっているからです。
 
捨てない仕組みができれば、
新たな資源を用いずとも
回収した資源で何かを作り始めることができる。
 
衣服のマテリアルフローでは、
全体の廃棄量51.2万トンに対して
家庭からの廃棄量が96%超*と
飛びぬけて大きな割合を占めています。
 
そんな業界に、新たな「流れ」を作りたい。
 
だから、まずは製品の回収から始めます。
 
 
もしご不要になってしまった弊社の製品がございましたら、お手続きをご連絡いたしますので、下記の連絡先にご連絡下さいませ。
  • HP上のチャット(本ページ右下のアイコン)
  • お問合せ先メールアドレス
    contact@cactus-tokyo.com
  • 公式SNS
    • Instagram
      https://www.instagram.com/cactus_tokyo/
    • Twitter
      https://twitter.com/CACTUS_TOKYO

その他、ご不明点がありましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

 

*経済産業省「ファッションの未来に関する報告書」(2022.3)より引用


x